SPコード 公式ホームページ
TOPに戻る サイトマップ 廣済堂のページへ

SPコードについて

二次元シンボルとは

バーコードが縦の一方向に情報をもつのに対して、二次元シンボルは縦と横の二方向に情報をもっています。 そのため情報密度が高く、日本語の記録も可能です。

バーコードと二次元シンボルの比較表

※情報密度は、同じ面積でバーコードを1とした場合
比較 バーコード 二次元シンボル(SPコード)
形状
バーコード:13桁もしくは8桁の数字を、太さの異なる線を横に並べて表したものが主流。パッケージや書籍など多様な物に記載されているおなじみの形状です。
SPコード:サイズは五段階で、標準サイズはほぼ切手大の縦横18ミリメートルの正方形です。中には、黒と白の細かい点がちりばめられています。
情報密度
1
20〜100
情報の種類
英数字
英数字・カナ・漢字・
バイナリデータ(一部)
データ復元機能
無し
有り

SPコードとは(特許登録済み)

SPコードは、紙に掲載された情報をデジタルに変える、新開発の二次元シンボルです。従来の二次元シンボルに比べて大容量を実現。また、二次元シンボルに関する知識がなくても、専用ソフトをインストールするだけで簡単に作成できます。
誰もが簡単に、そして大量の情報を紙に記録・掲載できるため、ビジネスや日常生活など様々なシーンで活用ができます。人と人、そして社会を結ぶ新しい情報メディアとして、この技術には、大きな期待と関心が寄せられています。

SPコードの特長

《大容量・高密度》

  • 従来の二次元シンボルに比べ、大容量で高密度を実現。小さなスペースでも大量の情報を格納できます。
  • 縦横18mmの大きさに、日本語で約800文字のテキストデータが格納できます。

《簡単に作成》

  • 専用ソフトをインストールすれば、Microsoft(R) Wordで作成したテキストをSPコード化できます。
  • 複雑な設定をすることなくSPコードの作成が可能なので、一般の方々にも容易に作成できます。
  • 作成したSPコードは、一般的なレーザープリンタ(600dpi以上を推奨)で出力ができます。

《音声・点字・テキストで出力》

  • 専用のSPコード読取機『スピーチオ』『スピーチオプラス』を使って、音声・点字・テキストなどに出力することができます。

《英数字・カナ・漢字に対応》

  • 英数字・カナ・漢字をSPコード化することができます。

《データ破損の自動修復機能》

  • SPコードの汚れや傷などによるデータの欠損を自動修復する「誤り訂正」機能があります。

SPコード作成ソフト

SP Code Maker - One Click Edition

本ソフトは、Microsoft(R) WordにSPコード作成機能を追加するソフトです。(Microsoft(R) Windows(R)環境)

《特長》

  • Microsoft(R) Wordに文章を入力し、ボタンをワンクリックするだけでSPコードを簡単作成。
  • 音質の設定は男声/女声の2種類。
  • 複数ページの文章も、1ページにつき1つのSPコードを一括で作成。

《動作環境》

  • Microsoft(R) Word2000,2002,2003,2007,2010(動作環境確認済み)

《ご利用方法》

使い方 (1)Microsoft Word に文書を入力 (2)読み上げ時の音質ボタン(男性/女性)をクリック (3)SPコードが文書右下に作成されます

SP Code Maker Pro Ver.1.2

本ソフトは、Microsoft(R) WordにSPコード作成機能を追加するソフトです。(Microsoft(R) Windows(R)環境)
SP Code Maker - One Click Editionの機能に加え、次の機能が追加された有償ソフトウェアです。

《主な特長》

  • パソコン上での音声確認機能
     Microsoft(R) Word上で作成したテキストをスピーチオの音声で確認することができます。
  • SPコード格納データの詳細設定や印刷用SPコードの作成が可能
    ・SPコードに格納する文字数の可変
    ・SPコードの印字位置の指定
    ・SPコードへのページ番号、コメントの自動挿入
    ・文章ごとに男女の音声設定
    ・指定した範囲だけのテキストをSPコードに変換
    ・文書の自動改ページ機能
    ・印刷用SPコードの作成
  • タックシール等ラベルシール用SPコード作成機能
     タックシール等ラベルシール向けに1枚の用紙にSPコードのみを大量に印字することができます。

《動作環境》

  • Microsoft(R) Word 2000,2002,2003,2007,2010日本語版
  • Microsoft(R) Windows(R) 2000,XP,Vista,7日本語版
    ※SP Code Maker Pro Ver1.0およびVer1.1からのバージョンアップ費用(税込)は2,940円(シングルユーザー)、29,400円(マルチユーザー)です。

《標準価格(税込)》

  • シングルユーザー 7,560円
  • マルチユーザー 75,600円(使用許諾範囲:50インストール)

SP-Web

Web上のテキストを抽出し、Microsoft(R) Wordへ展開するソフトウェアです。
テキスト抽出後、Microsoft(R) Word上にてSPコードを作成すればホームページの情報をいつでも簡単に提供することができます。
サポートより無償でダウンロードできます。

《動作環境》

  • Microsoft(R) Windows(R) 98,2000,XP,VistaかつIE5.5またはIE6.0

SP-Viewer

「スピーチオ」を利用して、SPコードに格納されたテキストデータをパソコン上で確認できるソフトウェアです。なお、このソフトは、サポートより無償でダウンロードできますが、ご使用にあたり下記の機器が必要となります。

《必要となる機器》

《動作環境》

  • Microsoft(R) Word 98,2000,XP,Vista

Microsoft, Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

SPコードQ&A


サイトマップ
スピーチオプラスとは サポート
TOPに戻る

Copyright (C) 2004〜2009 KOSAIDO SPEECHIO Co.,Ltd. All Rights Reserved.